半田補聴器センター
Contents
店舗案内
フィッティング手順
商品案内
Q&A
   
ホームへ戻る
Q&A
Q.補聴器にはどのような種類がありますか?
A.耳の中にすっぽり入る耳あな形、耳に挟むようにして掛ける耳かけ形、昔から使われているポケット形があります。
高性能なものには耳の複雑なはたらきを組込んだ、ボリュームのいらない全自動式の賢いデジタル補聴器もあります。
Q.補聴器の値段はいくら位しますか?
A.片耳では耳あな形で9万8千円〜48万円、耳かけ形は5万円〜43万円、ポケット形は3万8千円〜7万8千円円程です。
両耳ですと8〜66,8万円までいろいろあります。
Q.値段が高いとよく聞こえますか?
A.値段が高ければ必ずしもよく聞こえる訳ではありませんが、一般に性能の良いものほどお値段が高くなります。特に軽い難聴だから安い補聴器で良いと思っている方が多いようですが、これは間違いです。
ただし、お値段が高くなると補聴器が精密になりますから取り扱いに注意が必要です。
Q.補聴器はメガネのようにはっきり分かるようになりますか?
A.補聴器はメガネのようにお作りしてすぐにご使用いただけません。その人に合った聞こえの練習が必要なのです。その理由はメガネは眼球のピントのずれをレンズで矯正するだけで良く見えるようになりますが、補聴器の場合は耳の複雑な神経の障害と、それによって衰えた脳の働きを上手に活用する必要があるからです。補聴器に慣れれば効果が期待できますが一定の限界もあります。
Q.補聴器は左右の耳(両耳装用)にした方が良いというのはほんとうですか?
A.できるだけ二つの耳に補聴器をつけることをお勧めします。
両耳装用によって左右の脳の働きも活発になりますので片耳装用よりも鮮明に聞こえるようになります。
特に、左右の補聴器のバランスがとれれば一層効果が期待できます。
Q.補聴器を購入した後、どのようなことに気をつければ良いでしょうか?
A.まず大切にしていただきたいのはお耳のヘルスケアです。耳鼻咽喉科で定期的に受診して下さい。
次に、補聴器を上手に活用するためには、合理的な聞こえの練習によって慣れることです。
聞こえの練習効果を上げるために購入二週間後、一カ月後に補聴器の点検を受けて下さい。
微調整や使い方指導を受けると、より快適な聞こえが得られます。
補聴器の練習方法については、補聴器専門店の補聴器技能者にご相談下さい。
Q.補聴器は故障しますか?
A.補聴器は精密な電子部品が使われています。汗、結露、湿気、衝撃、振動、耳垢等が故障の原因です。
こわいのは故障したことに気が付かないまま補聴器を使用することです。お耳によくありませんので定期的に補聴器の点検にご来店ください。
汗の多い方は夜間補聴器をはずして乾燥ケースに入れることをお勧めします。中の乾燥剤は状況に応じて交換が必要です。